ナース転職で検索した人へ Rotating Header Image

他の職業をしていた人でもナースに転職できる?

ナースは、多くの人々にケアをほどこす職業ですので、たくさんの人から憧れのまなざしを向けられています。
今は違う職業をやっているけれど、いつかは看護師に転職したい、とひそかに思っている人も多いのではないでしょうか。
では、実際そんなことが可能なのでしょうか?


ナースに転職するにはまず資格がなんてったって必要になる

ナースとして働くのならば、真っ先に看護師資格を取っておく必要があります。
当たり前の話ですが、人の命を扱うお仕事ですから、人体にまつわる十分な知識を持っていることが必要なのです。
その資格をとるためには、看護学校に3年以上通い、卒業間際に受ける国家試験に合格しなければなりません。
また、この学校に通うのにも条件があり、高卒以上の人はそのまま入試を受けることができますが、中卒の人は看護業務を3年以上経験していなければなりません。
学歴によってこのような違いが出てくるので、看護学校に入りたいという人はこのあたりのことをよく調べておいてください。
また、准看護師がナースになるときにも看護学校での3年以上の勉強が必要になるので注意しておいてくださいね。


自分を犠牲にしても人をケアする覚悟はあるか?

いろいろな憧れをもたれがちなナースですが、現実はそんなに華やかではありません。
給料はなかなか上がらないといわれていますし、1人で何十人もの患者のケアをしていないといけませんし、朝早くから徹夜して翌日の朝まで働くことだってあります。
それでも看護師として働きたい、人のケアをしたいという思いを持った人だけが長く働けているのです。
決して楽な仕事ではありませんが、それなりにやりがいも大きい仕事ですので、やりたいと思っている人は高い志を持って勉強に励んでみてください。

Comments are closed.